2015年03月01日

お詣りに良い季節です

 【 高知八幡宮ホームページ TOP 】


 今日から3月。 昨日からの雨も今はあがり、また少し春らしい陽気に近づいてまいりました。


 境内からは影になっており、皆様の目にふれることはあまりないかもしれませんが、敷地にある小ぶりの桜もすでに開花しております。


 29.jpg


 この月は、今年の五穀豊穣と繁栄を祈念する、祈年祭 - きねんさい ( としごいのみまつり ) が日本全国各地で斎行されます。


 当宮に於いては、来る3/15 (日) 午後3:00からの祭典でございます。


 日に日に暖かくなってくるこの季節、ぜひお詣りにお出かけ下さい。


posted by 雉鳩 at 16:08| 高知 ☔| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

箸供養祭 斎行

 【 高知八幡宮ホームページ TOP 】


 先週のまとまった雨から、春らしい陽気が色濃くなり、鎮守の杜にも様々な生命の気配がみなぎってまいりました。
 生きとし生ける物の繁栄を表す 『 弥生 やよい 』 を迎えようとしています。


 一方、雨降りの後などには、杉の花粉も遍く旺盛に・・・彼の地より飛来する黄砂と共に春風に舞って、今日のような曇りの空にセピア掛った風合いを加えています。


  “ うららか ” な春の日を待望する今日この頃であります。


 さて、本日は、この観光開きの時期に恒例となっております 『 箸供養祭 』 が斎行されました。


 毎年、高知市観光協会の主催で催されているこのお祭りも、今年で32回を数えます。


 生命の源である食物と我々との橋渡しとして、生命を繋ぐお箸は、日本人との関わりはたいへん古く、現存する日本最古の書物である古事記にも、タカマノハラを追放されたスサノオノミコトがオロチ退治をするきっかけとなったエピソードとしてその記述を見ることができます。


 生命を繋ぐお箸に感謝し、供養する心を今後も受け継いでいってもらいたいものでございます。


 28.jpg


 「 お箸さん、ありがとう。 」 の声と共に箸を神炉へ焼べる園児の姿


posted by 雉鳩 at 14:50| 高知 ☁| Comment(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

針供養祭

 【 高知八幡宮ホームページ TOP 】


 2月8日の事始めは、当宮にて針供養祭が執り行われました。


 裁縫に関わる会社・お店・学校から個人の方まで、折れたり曲がったりして使えなくなった針をペットボトルやガラス瓶などに入れてどっさりお持ち下さいました。


 その数、なんと・・・ !


 いやいや、とても数え切れません・・・。


 ご供養に刺し立てて頂く豆腐の面積にも限りがあります。


 全ての針を刺し立てると、まさに針山となる事でしょう。


 お持ち頂いた中から一部を豆腐に刺して頂き、あとは一緒にご神前へお上げ致しました。


 26.jpg


 お祓いをして、ご供養された針はその後、境内の針塚へお納め致しました。


 27.jpg


 皆様の裁縫技術のより一層の上達と益々のご繁栄を祈念致します。



posted by 雉鳩 at 17:12| 高知 ☀| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。